きちんと治したい…ヘルペスの原因と治療法

>

ヘルペスはどうやってうつるのか

うつる原因

ヘルペスは、ウイルスによって感染します。
ヘルペスにかかっている人の患部に触れるのはもちろんですが、ウイルスが付着したものを介して感染することもあるようです。
たとえば、ウイルスがついたタオルを使いまわしたり、他人が使った食器に口をつけたりすることで感染してしまうことが多いようです。
また、性交渉やキス、頬ずりでも感染するため、家族や恋人間でうつりやすいようです。

単純ヘルペスウイルスは粘膜や皮膚が触れることによって感染していきますが、水痘・帯状疱疹ウイルスは接触による感染だけでなく、くしゃみや咳による飛沫感染でもうつるのが特徴です。

水ぶくれはつぶさない、患部に触れない、特に乳幼児に対して食器などの使いまわしを避けることが大切です。

再発の原因

ヘルペスの再発の原因は、自身に潜伏しているウイルスの再活性化です。
ヘルペスに一度感染してしまったら、ウイルスが体内に潜伏し続けます。
症状が治まったと思っても、ウイルスが神経に残り続けているため、ふとしたきっかけでウイルスが暴走して再発症しまうのです。

免疫力や抵抗力が落ちているときに再発しやすく、風邪をひいたり、疲労やストレスが溜まって再発する方が多いようです。
他にも、月経や紫外線の浴びすぎで起こることがあります。
アトピーの方は特に注意が必要で、肌を掻いて肌バリアを壊してしまうことで、再発と同時に感染範囲を広げてしまうことがあります。

再発の場合は、最初にヘルペスを発症したときよりは症状が軽いことが多いようですが、同じところに炎症がおきるため色素沈着や傷になってしまうこともあります。
ヘルペスの再発の兆しがみえたら、一刻も早く治療にとりかかりましょう。


シェアする