きちんと治したい…ヘルペスの原因と治療法

>

なるべく早い治療が肝心!治療法

ヘルペスの治療

ヘルペスの症状が出たら、できるだけ早く病院にいくことが大切です。
病院では抗ウイルス薬が処方されます。
状況によって患部に塗る外用薬と、飲み薬である錠剤が使い分けられます。
これによってウイルスを鎮めることができます。

しかし、これらの抗ウイルス薬は、患部のウイルスの増殖を抑制することができても、根本にあるウイルスを死滅させることはできません。
よって、とにかくウイルスが増殖する前に治療することが大切です。
ヘルペスの初期症状の段階ではウイルスが増殖しきっていないので、抗ウイルス薬の効果が出やすく、水ぶくれが酷くなる前におさめることができます。

だいたい5日前後の薬の使用で症状がおさまることが多いようですが、症状が酷い場合は入院治療を要することもあります。

再発を防ぐために…潜伏時の対処

ヘルペスの治療には、生活習慣の改善が必要です。
免疫力の低下を招く習慣を避け、疲労やストレスをためないように心がけましょう。

ヘルペスを何度も繰り返していると、ヘルペスを発症するときの兆候に気付きやすくなります。
早期に治療するためにも、皮膚の感覚に敏感でいることが大切です。
市販のヘルペス用抗ウイルス薬を常備しておくのもいいかもしれません。

また、海に行ったり、寒いところに出ると必ず再発するという人がいます。
自分がどのような条件で再発しやすいのか、知っておきましょう。

ヘルペスは、他人だけでなく、自分身体の別部位にも感染します。
患部を触った手で目をこすったり、身体を掻いたりしないように気を付け、常に清潔にしましょう。


シェアする